2013年04月

2013年04月01日

別れの春

ここ2か月、通っていたS君のお宅。

ライフスキルを身につけるためのお手伝いに伺っていました。

夕方から彼が眠るまで、一緒に過ごしました。


今日は、最後の日でした。

テレビやゲームの魔力に、まだ惑わされるところはありますが

ほとんどのことが、こなせるようになりました。

うれしいことです。


食事の後、おうちの人とお話ししていたら、

「おばちゃん、きてきて!」としきりにキッチンに私を呼ぶので

行ってみると…



お茶碗を洗い終わっていました。

今までね、一度もできなかった自ら取り組むお手伝い。

ちゃんと洗えていました。

うれしくて、ぐっときて、言葉に詰まっていたら

「おばちゃん、喜ぶかな~と思って。」って。


うれしいよ。

うれしい。

うれしすぎて、言葉が出てこない。


出てくるのは涙ばっかり。



そして、就寝前…。

いつもは、本を読んで、眠るまで傍にいますが、

彼は「今日は、自分だけで寝てみる。」と。

「まだ一回しか自分で寝るのできてないから。」と。



最初は、自分一人でお布団に入ることさえできなかったのに…。



最後だからと、とっておきのお話を用意してきたけれど、

あなたの自立が何よりうれしい。

本を閉じて、そっと立ち上がって

「おやすみ。」と私。

「おやすみ。」と彼。



桜の舞い散る日に、

ちょっぴり切ないけれど、

あなたの成長がうれしい、さよならです。



子どもにまっすぐ向き合う人で、あり続けなければ…そういうことをいつも確かめさせてくれた彼に「ありがとう。」











midorinomidori__blog at 21:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日々のこと