2020年07月

2020年07月25日

あ~!これも!


しばらく更新できず…というのも、中学生の期末試験のため、個別授業が大人気でして。
1ヶ月、鍛われました。(私が)
一通り、試験も終わり結果を待つばかり。

みんな、意欲的に頑張れました。

今回、地域によっては莫大な試験範囲になっていました。
コロナのせいかな?
試験範囲に「必死で復習し…」とか書いてあったりして、先生も子どもたちも、今年度は短い期間に集中して学習しなくちゃいけなくて、本当に大変なことになっているなって気がしたりもしました。

みんな、おつかれさまでした。


さて、ある学校で中学3年生『「常用漢字表」の付録の語』というものが範囲にありました。
「小豆」「お神酒」「早乙女」「神楽」「五月」「五月雨」「早苗」「時雨」 「師走」「七夕」「梅雨」などなど、

中学クラスの「きせつのことば」コーナーで既に学習して、知っている言葉ばかり。

俳句や短歌、古典までも、季節や情景が目に浮かぶようになっているから、ちょっとした解説で

「ああ!なるほどね!」って感じで、すぐに理解しちゃってる。

中学2・3年生になって、これまでの学習が自分の力につながっていることに気づき、本人たち、なんだかとてもうれしそうに学習していました。もちろん、結果も花丸でした。

って言っても、授業では季節の和菓子を食べたり、花を見たり、鳥を見たり、楽しいことを重ねてきただけなんだけどね。季節を味わうことを重ねていくことで、日本人としてのベースが形づくられていけば、国語は自然と理解できるもの。

ま、時間はかかるけど。



週に1回。

たかが1回。

されど1回。


重ねるって、本当に大切。



子どもたちは、もう次に向かっています。

みんなエネルギッシュ!
未来に向かって勢いがあるなぁ。

おばちゃんは、ちょっと休憩もらってもいいですか?(笑)

2A5CCF34-D587-44D7-88BC-31F9D283AD4B

わらび餅。癒されます。Kさんありがとです。










midorinomidori__blog at 23:38|PermalinkComments(0)